Biz Hits

ビジネスでプチ役立つまとめブログ

人材派遣会社

人材派遣会社登録の仕方

投稿日:

会社で派遣社員として働くには、人材派遣会社へ登録することが必要です。求人誌や求人サイトにある派遣のお仕事も、一度人材派遣会社へ登録して、その後派遣されて働き出す、といった流れになります。

その時、すでにその派遣会社へ登録をしていれば、登録という手続きをワンステップ飛ばして進めることができ、条件の良い仕事に素早く応募することができます。

人材派遣会社の登録はとても簡単です。事前に来社の予約をする必要があります。派遣会社によって強みが異なるので、気に入った派遣会社2〜3社に登録しておくことをおすすめします。

未経験者にもわかる人材派遣会社への登録条件

基本的には人材派遣会社への登録には、これといって条件などはありません。「派遣として働きたい」という気持ちがあれば、どんどん登録に行ってよいと思います。

しかし、派遣という職業は即戦力を売りにしているものである以上、ある程度の職業スキルは求められます。例えばパソコンのスキルは、今の時代どの仕事内容でも必要とされるスキルですので、人材派遣会社各社とも「せめてこれぐらいのスキルがないと…」という基準があります。

MOS(Microsoft Office Specialist)のような資格をもっていると評価しやすいですが、資格がなくても、登録の際のスキルチェックでスキルを証明することもできます。その結果スキル不足で登録できない、という可能性もあるかもしれません。

もう一つ、登録できない要因として「一般常識や社会人としての基本」ができているか否かがあります。派遣会社は派遣社員を企業に紹介する側です。派遣社員は派遣先の企業とではなく、派遣会社と雇用契約を結んでいます。

また企業は、即戦力として派遣社員を雇うわけですから、社会人として基本はできていて当たり前、という考えがほとんどです。そのため派遣会社の担当者としては企業に堂々と紹介できない人材は登録お断りとなってしまうでしょう。

例えば、登録説明会に友達と遊ぶときのようなジーンズやTシャツといった軽装で行く、遅刻する、挨拶もロクにできないなどコミュニケーション能力が乏しい、などはスキル以前の問題です。相手と良い人間関係を築くことができる対人関係能力「ヒューマンスキル」を重要視する派遣会社が多くあります。

求職者が登録会へ行くとき、必ずしもスーツで行く必要はありません。身なりや服装は清潔を心がけ、きちんとした印象を与えられるものが望ましいでしょう。長い髪は束ねる、挨拶や言葉遣いを丁寧にする等、社会人として恥ずかしくない応対をするように心がける必要があります。

現在は、派遣お仕事も幅広くあり、専門スキルや社会経験がなくてもOK、という派遣会社も多くあります。また資格支援制度や、研修制度が充実してきているため、よほどのことがなければ登録はできると思います。

人材派遣会社登録の仕方

登録会への参加方法

人材派遣会社へ登録する場合には、次の2つの方法があります。

(1)派遣会社に来社して登録
WEBまたは電話で予約を完了させてから来社します。来社する前にサイトにおいて自身のプロフィールや連絡先などの基本情報、希望の職種や勤務地等を入力して登録することができます。このように事前情報を登録することで、来社してからの手続き時間を短縮することができます。

(2)WEBでオンライン登録
派遣会社が近くにない、または忙しくて来社する時間がない方にオススメの方法です。来社する必要がなく、インターネットで情報入力するだけで完了できます。オンライン登録には、サイト上にマイページを作り、顔写真や本人である確認書類をアップロードすることが多いため、事前に準備しておくと便利です。

登録会の流れ

来社して行われる登録会の内容は次のような流れで進みます。所要時間は1~2時間程度かかる場合が多いです。

①派遣のしくみや派遣会社のサービスについての説明
派遣の働き方についての説明や、就業するまでのプロセス、各派遣会社における就業支援サービスやその他手続きについての説明を受けます。他にも社会保険や福利厚生面についても紹介があります。

②事前情報の確認
事前に登録された情報を、間違いがないか確認します。事前情報がない場合、この時点でプロフィールや希望職種、勤務地などをエントリーシートに記入します。

③適性検査・スキルチェック
派遣会社で用意されている適性検査を受けます。PC操作経験や、仕事を希望する場合は、PCを使ってのスキルチェックも行います。タイピング能力のテストやアプリケーション操作等があります。これは、派遣会社側が正確にあなたのスキルを把握するために行うものです。

④面談
今までの経歴や身につけたスキル、希望条件をもとに、コーディネーターが面談を行います。ベテランのコーディネーターが、お仕事探しのサポートをしていきます。派遣を始めるにあたってわからないことや不安なことは、この面談の時に相談することができます。また登録することで受けることができる研修についての説明もあります。

登録会に持っていくもの

派遣登録会には、本人確認書類、印鑑(シャチハタ印は☓)、履歴書、職務経歴書、証明写真、給与振込用の口座番号がわかるもの、筆記用具などを用意しておくのがポイントです。これらのものがあると、手続きがスムーズに進みます。

登録後いつから派遣社員としてお仕事開始できる?

登録後の面接で、希望条件に合うお仕事があり、かつ企業とのマッチングが上手く合えば、登録日当日からお仕事を紹介してもらえることがあります。

または後日、登録したメールアドレスや電話番号に条件に合うお仕事の紹介が来ます。リクルートスタッフィングやアデコ、スタッフサービスなどは登録すると、マイページという自分専用のページができ、そこにマッチングした求人情報がはいってくるため、メールや電話を煩わしく感じることがありません。

派遣登録するメリット

パートやアルバイト、場合によっては正社員より給与が高い

派遣は即戦力を伴うため、パートやアルバイトより給与は高く設定されています。また、残業や休日出勤もほとんどないため、場合によっては時給換算すると正社員より高い場合があります。定時で帰れることが多く、プライベートの時間を確保しやすいとされています。

自分のスキルにあった仕事を探すことができる

あなたの専門性や持っているスキル、実務経験をもとに仕事を探すことができるので、やりたいと思う仕事を選ぶことができます。また、正社員と違って異動やそれに伴う職種変更もありません。

企業内での人間関係の煩わしさから離れることができる

派遣の仕事は期間が決められており、多くが3ヶ月〜半年となっています。もちろん契約更新して継続することもありますが、基本的には派遣期間が終われば、派遣先の企業とは関係がなくなるので、企業内での人間関係に悩むこともあまりありません。

多くの業種、職種を経験することができる

即戦力や経験者求む、といった募集もありますが、「未経験者OK」の募集も数多くあります。やってみたい業種・職種があればぜひ応募して、採用されればそのお仕事を経験することができます。

正社員の採用をしていない企業でも、派遣社員として働く機会がある場合が多く、そのような募集を見逃さないためにも、仕事紹介の連絡は定期的にチェックしてください。

ライフスタイルにあった仕事を探すことができる

特に女性は、結婚・出産・子育てなどライフスタイルの変化に伴って、仕事の仕方も変えなければいけません。派遣は、自分のライフスタイルにあった仕事を選ぶことができるため、子どもが小さなうちは、家から近くて短時間勤務の仕事、手がかからなくなったらもう少し高収入の仕事、というように探すことも可能です。

スキルアップ研修やマナー講座などの講習が受けられる

大手の人材派遣会社は、登録者に無料または格安で、PCのスキルアップ研修や接客マナーの講座を行っており、既存の英会話学校のレッスンも割引価格で受けることができます。

研修プログラムで働きながら足りないスキルを補ったり、将来に向けてスキルアップをしたりして、さらに条件のよい仕事に就くこともできます。

派遣登録するデメリット

期限がある

派遣には契約期間というものがあり、期間が満了すれば仕事を続けることはできません。いくらこの仕事を長期で続けたいとしても、契約終了となります。2015年に派遣法が改正後、専門26業務も撤廃され一律、同じ組織に働くことができるのは最長3年までとなっています。

昇給・賞与がない

派遣は月々の給与は高いですが、昇給や賞与はありません。そのため派遣として長く働いている人ほど、悔しい思いがあります。また夏・冬のボーナスの時期には社内でも話題になりやすく、つらく感じる人もいるようです。

交通費が出ない

交通費の出ない事が多いのが派遣の注意点です。そのため職場選びの時にはなるべく自宅から近いところを選ぶ人が多いようです。

雇用が不安定

派遣期間が満了した時にタイミングよくお仕事があればいいのですが、それほど都合よく仕事がみつかることはありません。仕事を探したりやり取りしたりの間、多少のブランクがあいてしまいます。

そうなると、その間は無収入になってしまうことを意識しておきましょう。また、年齢が高くなるに従って募集の数は少なくなってきます。そのことを頭に入れたキャリアプランの中で派遣のしくみを有効に活用するとよいでしょう。

派遣登録解除の方法

派遣登録が不要になったら、登録解除の手続きをしてください。ほとんどの派遣会社は電話連絡だけで、登録解除をすることができます。

電話で「派遣登録を解除したい」旨の話をしてみてください。派遣会社によっては登録解除(抹消)のための申請書類を提出する必要があるところもあります。その場合は、案内にしたがって書類を提出すれば解除できます。

また、各派遣会社のマイページから退会フォームによって登録解除することもできます。登録解除(抹消)した場合は派遣会社がもっている、あなたの個人情報に関する書類は紙・データ媒体ともに全て破棄されます。手続きには一定期間かかる場合があります。

登録解除の前にもう一度考えて

もう2度とこの派遣会社は利用しないと考える場合は、登録を解除してもいいでしょう。

しかし、お仕事中であるとか、派遣会社からのお仕事紹介のメールや電話が煩わしく感じるだけであれば、「お仕事新着情報の休止」という手続きを選ぶことをおすすめします。

また派遣のお仕事が必要になった時に登録の際の書類が残っているので、面倒な登録手続きを省くことができ、すぐに条件に合うお仕事を紹介してもらえるでしょう。

まとめ

派遣のお仕事は、自分のライフプランに合わせて仕事を選ぶことができるため、特に女性にとっては働きやすい就業スタイルです。

一定期間働き、派遣先に認められればそのまま正規雇用される「紹介予定派遣」という方法もあります。派遣にも様々ありますが、どんな派遣のお仕事もまずは「登録」から。こちらのレポートが派遣登録する方の参考になれば幸いです。

-人材派遣会社

執筆者:

関連記事

面接のイメージ

派遣登録説明会の流れ

お仕事をする場合、ほとんどの会社で面接や試験があります。それと同様に、派遣の登録説明会は、派遣会社でお仕事を探したい人が派遣会社にエントリーし、希望職種や待遇などを伝えます。 つまり派遣会社との面接の …

秘書イメージ

派遣登録するならどこがいい?おすすめの人材派遣会社紹介

ここ数年、働き方の一つの形として派遣も大きな柱となりつつあります。今回は、東京で派遣社員として働くならチェックするべき派遣会社を職種別にまとめてみました。派遣会社ごとに得意な職種があるので参考にしてみ …

派遣社員としてこれから求人案件を探したり、ブラック企業ではない福利厚生制度が充実している人材派遣会社を探している方向けのサイトとなります。
人材派遣会社登録おすすめ活用ガイド